お電話

むし歯治療

むし歯の原因とは?

むし歯とは、お口の中に存在する細菌が食べ物や飲み物に含まれる糖分を分解し作られる「酸」によって歯が溶かされ、穴があいてしまう疾患です。
むし歯は、酸をつくる「細菌(ミュータンス菌)」、酸に溶けやすい「歯質(酸への抵抗力)」、細菌のエサとなる「糖質」の3つの要素に「時間」の経過が加わって発生します。むし歯を防ぐには、この3つの要因を揃えないようにすることが大切です。
ごく初期のむし歯の場合は、進行を防ぐ適切な処置を施すことで、むし歯を削ることなく治すことが可能です。ただし、この段階での自覚症状がほとんどないため、歯科医院で定期的な検診を受けることで早期発見・早期治療、むし歯の予防に繋がります。
日頃からむし歯にならない口内環境を整えていきましょう。

むし歯のセルフチェック


思いあたる症状・習慣を
チェックしましょう
  • □ 歯磨きは一日2回以下
  • □ 熱い物・冷たい物が歯にしみる
  • □ 歯が抜けたままの箇所がある
  • □ 間食やだらだら食べることが多い
  • □ 甘い物をよく食べる
  • □ 歯並びが良くない
  • □ 口の中が乾きやすい
  • □ 被せ物や詰め物をしている歯が多い

上記のチェック項目は、当てはまる数が多いほど、むし歯の可能性があります。
むし歯は早期発見・治療が大切です。症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。

むし歯の予防法

  1. POINT
    1

    歯質の強化

    フッ素は歯を強くします。歯科医院でのフッ素塗布や、フッ素入りの歯みがき剤、シーラントによる予防で普段から歯質を強化しましょう。

  2. POINT
    2

    細菌の除去

    毎日の正しい歯磨きや、歯科医院での歯垢(プラーク)をとってお口をきれいにしましょう。

  3. POINT
    3

    バランスの良い食事

    むし歯は糖質とむし歯菌からできます。日常より甘いものを控え、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

メンテナンス(予防)

根管治療

重度のむし歯の治療にも対応(根管治療

歯の神経の奥にまで達してしまった重度のむし歯治療として、なるべく歯を残せるよう根管治療を行います。すでに神経を取った歯でも、根の中に細菌が進入すると酷い痛みや腫れが生じて歯を支えられなくなってしまうため、感染物質を除去するために、根管内を洗浄殺菌消毒します。

根管治療は難易度の高い治療です

  • 根管の内部は複雑な
    構造のため、
    肉眼では確認することが
    できません
  • 根管の形状は個人差が大きく、
    患者さまごとに形状を
    正確に把握することが
    必要となります
  • 肉眼では見えない
    根管内の細菌を
    確実に除去することが
    難しい

歯周病治療

歯を失う原因第1位の「歯周病」とは

歯周病とは、歯肉炎・歯周炎の総称で、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌のかたまり(歯周病菌)によって、歯ぐきが炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。日本では成人の半数以上が歯周病であると言われ、誰もがかかる可能性のある身近な病気です。歯周病は痛みなどの自覚症状がなく進行するため、気づいた時には重症化しているということも少なくありません。細菌感染によって歯の周りの組織が破壊され、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう怖い病気なので、早期発見、治療を心がけましょう。

歯周病37.1% むし歯29.2% その他

歯を失う原因

参考文献:8020推進財団(2018)
永久歯の抜歯原因調査より

歯周病と全身の関わり

歯周病菌は、口腔内にとどまらず、歯肉の血管を通して簡単に血液中に入り込み菌血症を起こします。細菌が出す毒素や炎症物質が全身に回り、各臓器にも様々な悪影響を及ぼし、その発症や進行のリスク因子になることが明らかにされています。歯垢(プラーク)をしっかり取り除き、お口の中全体を清潔にしておくことは、歯周病の予防のためだけではなく、全身の健康を保つためにも極めて大切なことなのです。

脳梗塞、心内膜炎、誤嚥性肺炎、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、低体重出産・早産、骨粗鬆症

歯周病のセルフチェック


思いあたる症状・習慣を
チェックしましょう
  • □ 歯磨きをすると、歯ぐきから出血する
  • □ 口臭が気になる
  • □ 歯ぐきに赤く腫れた部分がある
  • □ 歯が長くなったような気がする
  • □ 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • □ 歯並びが良くない
  • □ 歯肉がむずがゆい、痛い
  • □ 冷たいものや熱いものがしみる

上記のチェック項目は、当てはまる数が多いほど、歯周病の可能性があります。
歯周病は早期発見・治療が大切です。症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。

歯周病の予防と治療法

  • 歯周病基本治療(軽度の歯周病)

    歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)と歯石です。原因である歯垢の除去および歯石の除去、根面の滑択化、噛み合わせの調整などが治療の基本となります。また、歯科衛生士による歯磨き指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。基本治療により歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメンテナンス(定期検診)に移行します。

  • 歯周外科治療(中度〜重度の歯周病)

    歯周基本治療で改善されない歯周病に関しては、歯周外科手術を行うことがあります。歯周外科手術とは歯肉に局所麻酔を行った後、歯肉を切開・剥離して歯垢(プラーク)・歯石などをしっかりと除去する治療法です。歯周外科手術で骨を滑らかにし、プラークコントロールを行いやすい口腔環境を作ります。歯周組織が改善されれば、メンテナンス(定期検診)に移行します。また一度失った骨を再生させる再生療法などもあります。適応は限られており全ての方にできるわけではありませんが、お気軽にご相談ください。

  • 歯周病予防(メンテナンス)

    歯周病の一番の予防は、細菌のすみかである歯垢(プラーク)をしっかりと除去することにあります。ご自宅での毎日のケア(歯磨き・歯間ブラシ・デンタルフロス)が大切です。ただし、患者さま自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでは口の中の細菌を完全になくすことは難しいため、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることも重要です。

メンテナンス(予防)

Copyright © 2022 NAGANO DENTAL ClINIC All rights reserved.